knowledge for no knowledge

Twitter / 大谷雅恵(まぁしぃ): ぜひ自分で決めて☆“@anzu_0724: @OTA... →

OTANI_MASAE (大谷雅恵(まぁしぃ))

ぜひ自分で決めて☆“@anzu_0724: @OTANI_MASAE 今度ライブでメロンのバラード曲を歌おうと思ってるんですが、何を歌おうか悩んでます!!雅恵ちゃんのオススメを教えてください(ノ_<)”

4月20日 0時37分 Twitter for iPhoneから

— 3ヶ月前
"

まず、誰かが応援しているから、周りがそうだから、ではなく、自分の意志としてある球団を選んでファンになれと言っている。付和雷同的だからと言ってそしりを受ける筋合いはないが、その方が良いと言っているのだ。

そして、そのときの人気者を追いかけるのではなく、選手の中から見どころのありそうな選手を見出し、その選手を応援すべきだと。「見る目を養え」ということだ。

さらに、勝った負けたで一喜一憂するのではなく、長い目でチームを応援すべきだと。
野球と言うのはボールゲームの中で最も多くの試合数を戦う競技だ。どんなに強いチームでも3回か4回に一度は負ける。そのたびに悲嘆にくれる必要はない。また、勝ったからと言って相手チームを罵倒する必要もない。
ペナントレースと言う長丁場を、ゆったりした気分で楽しめと言うことだ。

真の高度プレーとは難しいが、派手なプレーだけではなく、プロらしいプレー、よく考えられたプレーを見る「眼」を養えということだ。いわば「見巧者」になれということだろう。

そして総監督の立場とは、監督の選手起用や、采配などもプレーの一つとして理解し、楽しめと言うことだろう。
試合からこれだけのことを見出そうと思えば、必然的にスコアブックをつけることになりそうだ。

鶴岡の言う①から⑤までが実践できれば、そのまま野球解説者になれそうな気もするが。

鶴岡は南海ホークスを屈指の強豪チームに育て上げたが、任期の後半は弱体化が進んで苦労もした。
ファンからは心無いヤジも浴びせかけられたことだろう。そんな中で、こういう信条を持つにいたったのだろう。

昔の野球ファンは確かにこういうものだった。自分だけのごひいき選手を持ち、自分が良いと思ったところで拍手をし、勝っても負けても良いプレーは讃えたものだ。また、チームの作戦の批評もしたものだ。

こうした姿勢は、野球、選手に対するリスペクトの念が根底にあってのことだと思う。球場での主役は、選手であり、見るべきものは「野球の試合」だということだ。

またぞろ「今のファンの批判か」と言われそうだが、試合の間中何らかの音をたて続けている今のファンは、鶴岡の流儀は当てはまらない。
そういう応援の人たちが、トッププロたちのプレーのどの部分を見ているのか、はなはだ心もとない。
どんな楽しみ方をしようと勝手ではあるが、私は鶴岡親分のこの見識を、尊いものだと思う。

"
— 6ヶ月前
"声優に恋することを馬鹿にしないで欲しい
例えばね、中高男子校で大学は工学部、そのまま院へ進んで就職する
この過程に女の子との接触はないんだよ
そして多くの職場にもないんだよ
男子校や工学部ではアニメや声優を嗜むのはかなり一般的なこと
するとね、一番身近な女性って声優になるんだよ
大抵の女性声優はラジオやってるから週に一回はトークが聴ける
ラジオってその人の素の部分が出ることが多いから
その人の声、仕草、会話の間が合えばどんどんハマってく
どんどんその人の趣味や人間性を知ってゆく
ある意味週に一回30分その人と話したみたいな体験ができるんだ
そしてそこそこの声優だったら月に一回くらいライブやらイベントやらがあって生で見れちゃう
一番身近なんだよ
恋しちゃうに決まってるじゃん"
— 6ヶ月前
#おやすめかぶ

#おやすめかぶ

— 6ヶ月前
瑞泉(ソーダ割り)

瑞泉(ソーダ割り)

— 6ヶ月前
#いつだってタフでいたいじゃん #タフマンではない

#いつだってタフでいたいじゃん #タフマンではない

— 6ヶ月前
#いつだってタフでいたいじゃん  #タフマンではない 
東モ15b「Kafly」で『What Is Idol?』vol.9頒布してます #whatisidol #c85 (東京ビッグサイト 東4ホール)

東モ15b「Kafly」で『What Is Idol?』vol.9頒布してます #whatisidol #c85 (東京ビッグサイト 東4ホール)

— 6ヶ月前・リアクション1件
#whatisidol  #c85 
物販ブースはこんな感じです。アイドル領域がすごい勢いで売れてます #アイドル楽曲大賞

物販ブースはこんな感じです。アイドル領域がすごい勢いで売れてます #アイドル楽曲大賞

— 6ヶ月前
#アイドル楽曲大賞